mlus | 24 Jul 03:57 2014

[debian-users:57213] 既存パッケージへのパッチの当て方

コヤマと申します。

wheezyにおいて、depソースパッケージに、不足しているパッチを当てて、
パッケージを再構築て利用したいのですが、やり方が今ひとつわかりません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授お願い致します。

対象:spamassassin
パッチ:http://spamassassin.emaillab.jpで公開している

spamassassin-3.3.2-ja-1.patch

[やった事]
# mkdir /tmp/aaa
# cd /tmp/aaa
# apt-get source spamassassin
# ls
spamassassin-3.3.2
spamassassin_3.3.2-5+deb7u1.dsc
spamassassin_3.3.2-5+deb7u1.debian.tar.gz
spamassassin_3.3.2.orig.tar.bz2

# apt-get build-dep spamassassin

次に、spamassassin-3.3.2-ja-1.patch を パッチ適用するために
#  cd spamassassin-3.3.2
# wget http://spamassassin.emaillab.jp/pub/ja-patch/sa3.3/spamassassin-3.3.2-ja-1.patch

# patch -p1 < spamassassin-3.3.2-ja-1.patch
patching file lib/Mail/SpamAssassin/HTML.pm
patching file lib/Mail/SpamAssassin/Message/Node.pm
patching file lib/Mail/SpamAssassin/Message.pm
Hunk #3 succeeded at 1034 (offset 16 lines).
(Continue reading)

mlus | 15 Jul 07:36 2014

[debian-users:57210] rkhunterの警告

コヤマと申します。

debian squeezeにてrkhunter1.3.6-4  を使っているのですが、最近

Warning: Checking for possible rootkit strings    [ Warning ]
         Found string 'hdparm' in file '/etc/init.d/.depend.boot'.
Possible rootkit: Xzibit Rootkit
         Found string 'hdparm' in file '/etc/init.d/hdparm'. Possible
rootkit: Xzibit Rootkit

という警告が出るようになりました。

rkhunter.conf に
RTKT_FILE_WHITELIST="/etc/init.d/hdparm /etc/init.d/.depend.boot"

を追加すれば警告回避できるようなのですが、squeezeのhdparmには、
もしかすると本当にrootkitが仕込まれているのでしょうか?

rkhunterとhdparmをインストールされて使われておられる方がいらっしゃいましたら、同じような症状になられているのか、ご教授お願い致します。
tanimura | 27 Jun 09:39 2014
Picon

[debian-users:57207] How can I recover /usr/bin in some way?

Debian Squeeze 上に Arm のクロス開発環境を構築中に誤って
/usr/bin を delete してしまいました。

現在は boot すると command line に入り root での作業は
USB mount 等基本的な作業は一応出来ますが、
CTL-ALT PFx での user mode の基本作業ができません。
/usr/bin の contents を回復する手段があればお教えください。

--- current computer status is as follows --
H/W: TPX200s
OS : Dual boot Debian Squeeze and Win 7

Debian boots into command line mode
その後必要なら CTL-ALT PFx で user に入り、
通常は commad line mode で compile, test をしています。
file access は wget, w3m etc ですが、
GUI brawser が必要なときには、usr から startx で
Fire fox を起動していました。

Sqeeze の reinstall を覚悟していますが、可能なら、
/usr/bin 以外の現状を維持したいのです。
よき手段があればお教えください。
以上。

Fu-sen. / Keiichi SHIGA | 24 Jun 03:01 2014

[debian-users:57195] Fcitx(wheezy)の日本語翻訳につきまして

はじめまして。最近 Debian の派生ディストリビューションで
日本語対応の支援を行っている ふうせん Fu-sen. 事 志賀 と申します。


現在 stable(wheezy)では iBus で日本語入力を行っている方が多いと思いますが、
testing(jessie)や unstable(sid)では iBus 1.5 になり、操作性が変わってしまっているため、
代わりに Fcitx を使用している方もでてきているかと思います。

派生ディストリビューションでは testing を採用している事が多く、
Fcitx をおすすめする事も生じているのですが、
ある派生ディストリビューションで
Edition によって stable と testing の2種類を提供している状況が発生しています。
しかし、stable の Fcitx が現状日本語翻訳がほぼ行われていない状態で、
使用をおすすめできる状況にありません。ただし機能としては
fcitx-mozc で使える状況です。

https://dl.dropboxusercontent.com/u/1125999/SolydXK/wheezyfcitx.jpg


stable ベースは iBus、testing ベースは Fcitx としなければならず、
対応が面倒な事になってしまっています。

wheezy の fcitx パッケージ状況をみると、2012 年の更新で止まっています。

https://packages.debian.org/wheezy/fcitx

http://metadata.ftp-master.debian.org/changelogs//main/f/fcitx/fcitx_4.2.4.1-7_changelog


Ubuntu 等、他のディストリビューションに影響されて、
Fcitx を wheezy で使いたい人も今後出てくると思い、
Fcitx の日本語翻訳を何とか対応できないか?と思い、
とりあえず ML へ投稿を行いました。
(Continue reading)

UMEDA MITSUNORI | 22 Jun 20:28 2014
Picon

[debian-users:57189] 電源とDeskTop環境の問題

梅田です。

自作機が壊れて、マーザーボードとCPU(Intel64bit)が変わり(マザ
ーASUSH87-PRO)、 HDD に入っている Deb ianを起動したところ、
Gomeがクラッシックになってしまいました。以前、当MLで64ビットマシンもi386
を使えるとのことだったので、今回はi386を入れたところ、やはり、GNOMEがク
ラッシックのままでした。

その他、電源がシャットダウン・リブートができなくなりました。コマンドライ
ンから

# shutdown -h now

# shutdown -r now

としても、電源が完全に落ちず、シャットダウンやリブート中のメッセージも出
ずに 、マザーには電源が行っていますが(CPUファンなどが回り続けてる)、完
全に電源が落ちません。

ご教授いただければと思います。

なお、Windows、Ubuntuのインストールされた、HDDも同じマシンに積んでいます
が、こちらは正常に電源が落ちます。

--

-- 
UMEDA MITSUNORI <m.umeda <at> green.email.ne.jp>

kmatsui | 21 Jun 04:42 2014
Picon

[debian-users:57185] Re: オープンソースなのにレポジトリにないソフト

皆さんこんにちは、松井です。

ポートに関する
inbound と outbound がよく理解できていなかったようです。
ufwの設定をする時に
$ sudo ufw default DENY
とすると外部からの通信を遮断しているはずなのに
様々なホームページを見ようとすると
きちんとデータが送られてきているようで
変だななどと思っておりました。

そうではなくて、
様々なホームページを閲覧する時は
こちらからサーバーに通信を申し込むので
outboundのポートが開いておかなければならないが、
inboundのポートを開けておかなくても相手サーバーからのパケットを受け取ることができる。
逆にサーバーから見ると
inboundのポートを開けておきさえすれば
outboundのポートが開いていなくても
接続してくる相手に向けてパケットを送り出すことができる、
というのが正しい理解ということで大丈夫でしょうか?

> とすれば、Debian Linux のようにネットワーク・インストールに時間を掛ける
> インスト方式の場合、
> debian のサーバであれ、ミラー・サーバであれ、或いはユーザ側のマシンであれ、
> 誰か悪意をもつ者がファイル転送の機構に攻撃をかける危険性は依然として残ると
> お考えなのでしょう。

悸村さんのこの部分は
"ユーザ側のマシン"が加害者なのか被害者なのか意味がとりにくいですが、
(Continue reading)

Hideki Yamane | 16 Jun 23:41 2014
Picon

[debian-users:57176] FYI: Debian 6 debuts its long term support period


 やまねです。
 Debian6のLTSについてアナウンスがでました。

Begin forwarded message:

Date: Mon, 16 Jun 2014 13:48:59 +0100
From: Neil McGovern <neilm <at> debian.org>
To: debian-announce <at> lists.debian.org
Subject: Debian 6 debuts its long term support period

------------------------------------------------------------------------
The Debian Project                                http://www.debian.org/
Debian 6 debuts its long term support period            press <at> debian.org
June 16th, 2014                 http://www.debian.org/News/2014/20140616
------------------------------------------------------------------------

The Debian project is pleased to announce that the "Long Term Support
(LTS)" infrastructure to provide security updates for Debian GNU/Linux
6.0 (code name "squeeze") until February 2016 is now in place. Users of
this version should follow the instructions from the LTS wiki page [1]
to ensure that they get the LTS security updates.

We would like to thank the volunteers who joined the LTS team [2] and
the organizations which expressed their interest to contribute to the
LTS initiative: AD&D - IntarS Austria [3], Deezer [4], Électricité de
France [5], Freeside [6], Offensive Security [7], Positive Internet [8],
Seznam.cz [9], Sipwise [10], Univention [11], University of Oxford [12]
and all the others who will join them in the coming months.

(Continue reading)

kmatsui | 13 Jun 02:44 2014
Picon

[debian-users:57171] オープンソースなのにレポジトリにないソフト

皆さんこんにちは、
松井です。

暗号化ソフトのTrueCryptや
数学ソフトのSageなどを使ってみたいのですが、
このふたつはオープンソースでありながら
debianのレポジトリに入っていないようです。

こういったものは要望を出せば
レポジトリに入れてもらえる可能性もあるのでしょうか?

あと、Debianのレポジトリには既にIceweaselがありますが
Icecatをソースからインストールして
アップデートを自分で適用して使っていると
セキュリティ的に問題が発生したりすることはあるのでしょうか?

---
Kenji Matsui

Hideki Yamane | 12 Jun 16:04 2014
Picon

[debian-users:57170] Fw: Upcoming stable point release (7.6)


 やまねです。
 FYI. Debian7.6 は 7/12 予定になるようです。

---------------------------------------------------------------------
Hi,

The next point release for "wheezy" (7.6) is scheduled for Saturday,
July 12th.  Stable NEW will be frozen during the preceding weekend.

As usual, base-files can be uploaded at any point before the freeze.

Regards,

Adam

Nobuhiro Iwamatsu | 9 Jun 01:42 2014

[debian-users:57168] Re: [debian-users:57166] Re: [debian-users:57164] Re: [debian-users:57146] Multiarchについて

こんにちは。岩松です。

2014年6月6日 21:05 Saito.k <saitoib <at> ibara.ne.jp>:
> 岩松さま
>
>
日本語の情報が少なくて、なかなか確信が持てませんでしたが、やはりまだダメ なんですね。
> 情報ありがとうございました。

まだだめというわけではなくて、emdebian で提供されているクロスツールチェインは追従
していないというだけです。(それはそれで問題なのですが。)
Debianのパッケージ化も整備されてできるようになっていますし、必要でしたらパッケージ化
されるのを待つより自分でビルドしたほうが早いかと思います。

ツールチェイン担当をつついてみます。

岩松

>
> --
> _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
>   斉藤
>
>



-- 
Nobuhiro Iwamatsu
   iwamatsu at {nigauri.org / debian.org}
(Continue reading)

Nobuhiro Iwamatsu | 6 Jun 02:39 2014

[debian-users:57164] Re: [debian-users:57146] Multiarchについて

こんにちは。岩松です。

既に解決されているかもしれませんが。

2014年5月27日 22:03 Saitoib <saitoib <at> ibara.ne.jp>:
> Debian7 i386をVMWarePlayer上で動かしています。
>
> ARMv7のクロスコンパイルを行いたくて、
> # dpkg --add-architecture armhf
> # apt-get install emdebian-archive-keyring
> # echo "deb [arch=i386] http://www.emdebian.org/debian sid main" >
> /etc/apt/sources.list.d/emdebian.list

emdebian では 今のところ、まともに動作するmulti-arch 対応のクロスツールが提供されて
いない(実際には更新されていない)ので、自分でビルドしたほうがよいかと思います。

    https://wiki.debian.org/MultiarchCrossToolchainBuild


> # apt-get update
> その後
> Synapticで
> build-essential と
> build-essential:armhf をインストール指定すると、パケージ破損状態になってしまいます。
> このような場合、どのようにすれば良いのでしょうか?
>
> --
> _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
>  斉藤


(Continue reading)


Gmane