Fu-sen. / Keiichi SHIGA | 27 Mar 15:48 2015

[debian-users:57533] Re: 日本語入力環境アンケート

志賀 慶一 ( ふうせん Fu-sen. ) です。
昨年夏以来の投稿になります。

一つでも回答が多い方が良いと思いますので、自分も回答します。


> 1. インプットメソッド環境はいくつインストールしている
>  [ ] 0
>  [ ] 1つのみ
>  [1] 2つ以上
>
> 2. インプットメソッド環境はどれを使っている
>  [2] IBus
>  [1] fcitx
>  [ ] uim
>  [ ] SCIM
>  [ ] kinput2
>  [ ] 使わない
>  [ ] 分からない
>
> 3. 日本語漢字仮名変換エンジンはどれを使っている
>  [2] anthy
>  [ ] kkc
>  [ ] skk
>  [1] mozc
>  [ ] canna
>  [ ] wnn
>  [ ] 使わない
>  [ ] 分からない
>
(Continue reading)

増田司郎 | 22 Mar 03:23 2015
Picon

[debian-users:57524] Re: [debian-users:57522] Re: 日本語入力環境アンケート

アンケートにお答えします。vmware  上で、英語キーボード
主にemacsで使用して、時々コンソールを使用。

> 1. インプットメソッド環境はいくつインストールしている
>  [ ] 0
>  [1] 1つのみ
>  [ ] 2つ以上
>
> 2. インプットメソッド環境はどれを使っている
>  [ ] IBus
>  [ ] fcitx
>  [1] uim
>  [ ] SCIM
>  [ ] kinput2
>  [ ] 使わない
>  [ ] 分からない
>
> 3. 日本語漢字仮名変換エンジンはどれを使っている
>  [2] anthy
>  [ ] kkc
>  [1] skk
>  [ ] mozc
>  [ ] canna
>  [ ] wnn
>  [ ] 使わない
>  [ ] 分からない
>
> 4. im-configプログラムについて
>  [1] インストールしていない
>  [ ] インストールして、デフォルトのまま使用
(Continue reading)

Picon

[debian-users:57503] wheezy7.8でheartbeat3.0.6起動できないです

はじめまして、福田と申します。

こちらへはじめて投稿させて頂きます。

wheezy7.8上でheartbeat+pacemakerの最新版をソースからインストールして
stonith機能の検証を行いたいと考えています。

以下、ソースからインストールしました。
cluster glue1.0.12
resource-agent3.9.6
heartbeat3.0.6
pacemaker1.1.12

とりあえず、1ノードに上記をインストール完了したのですが、
起動するとエラーが発生します。

ERROR: Illegal directive [ucast] in /etc/ha.d//ha.cf

ha.cf内のucastをbcastやmcastに変更しても同様でheartbeatが起動しません。

ha.cf内のucastをコメントアウトするとエラーメッセージは次の通りになります。

ERROR: LoadPlugin on sha1 returned 5: No such plugin/interface/interface type
ERROR: Lookup extended#2 returned FALSE for sha1
ERROR: Table size: 0
ERROR: Invalid authtype [sha1]
ERROR: Auth Key [1] not found in keyfile [/etc/ha.d//authkeys]

どなたかwheezy上に上記最新版のheartbeat+pacemakerをインストールして
起動に成功した方がいらっしゃいましたら、手順やコツなど教えて願えますか。

宜しくお願いします。

以上

KATOU Takayuki | 4 Mar 13:40 2015

[debian-users:57500] uimでinput methodが選べない

こんにちは。加藤と申します。

wheezyで uim-mozc, uim-VIQRを入力メソッドとして使用していましたが、
あれこれと設定をいじっていた所、uimの入力方法切り替えに
何も出て来なくなってしまいました。
#なにぶんかなり前の話なので何をしたかは覚えていません。
#忙しさにかまけて ibusに逃げていたのですが、ibusに耐えられなくなって……

fig.1
http://gyazo.com/f737d1b156b503af67ad2faf5bc11b36
このように何も出てきません

fig.2
http://gyazo.com/9be269eaafecc5e0d76f7c6863955316
設定はなされています。

インストール時の状態に戻したいのですが、
どのあたりの設定ファイルがこのあたりを司っているのかがわかりません。
~/.uim.dを他のマシンのものと置き換えたり、
一旦 aptitude purge uim uim-ximとしたりしても復旧できませんでした。

どなたかお知恵をお貸しください。

--

-- 
加藤孝幸(Hiếu)
rrr <at> zenmai.org  http://zenmai.org

Imai, Yuji | 2 Mar 10:23 2015

[debian-users:57499] OSC2015出展報告 (RE: OSC2015出展 (MLテスト兼))

Gnuk-users-jaの皆さん
Debian-usersの皆さん

今井です。

> その他:
>   * 会場で受けた、Q&Aやコメント・要望は、メモに記録し、後日本MLと
>     Debian-JPのしかるべきMLで情報共有します。

一昨日、OSC 2015 Tokyo Debian-JPブースをお借りし、Gnukを出展しました。
Q&Aとコメントをまとめましたので、共有します。

事前広報:

  * チラシをSlideshareに置き、MLに来場勧誘
    (Debian ML, JANOG, WIDE, NBUG, CBUG, facebook, twitter)
    Slideshare訪問:前日までに107 View、イベント終了後現在まで累計で122 
    Twitter, Facebook, hatenaからrefer:前日まで120回、現在まで累計52 

  * Twitterでの、お気に入り、リツイートが21件(拡散ありがとうございます。)

  * 紙チラシは62部配布(80枚印刷)した。

  * 質疑は26名から受けた。

ブースでのQA・コメント:

  * NetBSDユーザーズグループが動作検証中。
    現行6.Xバージョンでは、pcscd(スマートカードデーモン)が高負荷となる
    問題があった。NetBSD 7.0RCでは問題が解消された。
    - 後日、新部さんよりpcscdを使わないず、GnuPG独自の
      スマートカードモジュールを使うのが推奨と指摘。
      開発者と継続してコンタクト。

  * Linux kernelカーネルメンテナの吉藤さん(慶応大学)来場。
   「例のやつね。秘密鍵保管はそろそろハードにすべき。」というコメント。
    Gnukトークンをサンプルとして渡そうとしたが、「お金渡せないから」と
   言われて固辞。自分で購入するのでよい、というニュアンス?
    (あくまで今井の希望的観測。)

  * どこで買えるか?という問合せが増えた。
    (今井は4件。チラシ記載のSeeed, 飛石技術URLを教えた。)
    OSCは物販禁止なので、実費配布できなくて残念

  * TLSサーバ証明書発行業者の方と意見交換。
    社員教育でHSMを使ったSSHは行うが、通常は秘密鍵ファイルで運用している。
    問題意識は社内で話し合われている。SSHだけでなく、TLSのサーバ証明書の
    発行・管理の運用も問題。Root CAとしては厳重な運用をしているが、
    顧客先での運用は均質でなく、これでよいのか、と思う。
    顧客のサーバーが危険だというだけでなく、TLS機構全体の信用に関わる問題と
    捉えている、とのことだった。

  * 自動化の処理・用途によって、SSH鍵を複数使い分ける運用をしている人より、
   「OpenSSH - gpg-agentの組み合わせでも、利用する鍵を指定できるように
     したい」という要望をいただく。

  * ブースで対応いただいたDictossさんより、「Gnukを見に来た」と言ってくれる
    方がたくさんいて、注目度が高かったとコメントをいただいた。
    (Dictossさん、当日は話題を振っていただき、ありがとうございました。)

  * OSC Hokkaidoに旧知の佐々木さんから、出展要請あり。
    Debianが行かなければ、初の単独出展か…。
    あ、去年出してるぞ。すげーな。

以上です。関係者の皆様、どうもありがとうございました。楽しかった〜。

今井

Hideki Yamane | 1 Mar 09:24 2015
Picon

[debian-users:57497] debianjpのページにLTSの説明を追加しました


 やまねです。

 http://www.debian.or.jp/using/other-release.html のページに改めて
 LTSの説明を追加しました。何か間違い・疑問などあればどうぞ。

 #先日、日本の企業としては初めてGREEさんがLTSのfunding supportに
  参加してくれました。数千台規模で使われているということなので、
  ありがたいかぎりです。他の企業でLTS使っていらっしゃるところが
  あればぜひご参加ください。必要であれば説明もしますよ :)

--

-- 
Regards,

 Hideki Yamane     henrich  <at>  debian.or.jp/org
 http://wiki.debian.org/HidekiYamane

Imai, Yuji | 27 Feb 06:29 2015

[debian-users:57495] Gnuk告知: OSC2015出展 & 日本語ML再開

alohaug$B$3$H!"IY;NDL8&5f=j$N:#0f$G$9!#(B

$B <at> hF|$O!"El5~%(%j%"(BDebian$BJY6/2q$K$F!"(BGnuk$B>R2p$N5!2q$r$$$?$ <at> $-!"(B
$B$"$j$,$H$&$4$6$$$^$7$?!#(B

$B$$$?$ <at> $$$?(BQA$B$O(BGniibe$B$5$s$H6&M-$7$F$*$j$^$9!#(B
$B!V(BGnuPG$B4X78<T$H$O0[$J$k;kE <at> $N0U8+$,D0$1$FM-MQ$G$9!#!W(B
$B!V(Bhenrich$B$5$s!"(BNozzy$B$5$s$O$8$a!"3'$5$s$K46<U$7$^$9!#!W(B
$B$H$N$3$H$G$7$?!#(B

$B$5$F!"D4;R$K>h$C$F!"#2$D9pCN$r$$$?$7$^$9!#(B

$B-!(B OSC2015$B$K=PE8(B

Debian-JP$B$N%V!<%9$r$*<Z$j$7$F!"(BGnuk$B$N%G%bE8<($r9T$$$^$9!#(B

$B=PE8%$%Y%s%H!'(B $B%*!<%W%s%=!<%9%+%s%U%!%l%s%9(B2015 Tokyo/Spring
$BF|Dx!'(B2015$BG/(B2$B7n(B28$BF|(B($BEZ(B) 10:00$B!A(B17:30$B!JE8<(!'(B10:00$B!A(B16:00$B!K(B
$B2q>l!'L <at>  <at> 1Bg3X(B $BF|Ln%-%c%s%Q%9(B 26$B9f4[(B 2F

$B=PE835MW!'(B
$B!!(B* Debian-JP$B%V!<%9Fb$r$*<Z$j$7$^$9!#(B
  * $B%A%i%7G[I[$H!"(BGnuk with gpg4win$B$NF0E8<(%G%b$r<B;\(B
    - $B%A%i%7$O%G%V%5%_!&El5~(BDebian$BJY6/2q$GG[I[$7$?$b$N(B
      ($BJY6/2q$G4V0c$$;XE&$r$$$?$ <at> $-=$ <at> 5$7$^$7$?!#46<U$G$9!#(B)
      http://www.slideshare.net/YujiImai/gnuk-flyerosc2015
  * Virtual Box$B$N(Bguest Debian$B$X!"(BPutty, Teraterm, WinSCP$B$G(BSSH$B$7$^$9!#(B
    GnuPG$B$NB>$N%"%W%j%1!<%7%g%s$OMWK>$K1~$8$F<B;\!#(B

$B-"(B Gnuk$B%f!<%6(BML $BF|K\8lHG(B $B:F3+(B

$B0l;~G[Aw$,BZ$C$F$$$?F|K\8lHG(BGnuk users ML$B$G$9$,!"(BAlioth$B$K%[%9%H$9$k(B
$B$3$H$K$7$F!":F3+$N1?$S$H$J$j$^$7$?!#(B(Konk$B$5$s!"$"$j$,$H$&$4$6$$$^$9!#(B)
https://lists.alioth.debian.org/mailman/listinfo/gnuk-users-ja

$B<B$O!"F|K\8l(BGnuk $B%f!<%6(BML$B!"7k9=:n$k$+LB$C$?$s$G$9!#K\2H$N(BML$B$"$k$N$G!#(B
$B$G$b!"%G%V%5%_$d$C$F$_$F!"%+%8%e%"%k$J0U8+$rD0$/$N$bBg;v$H5$$E$-$^$7$?!#(B

$B0l=VF~$C$F!"LdBj2r7h$7$?$iB.96N%C&$G$$$C$3$&$K9=$$$^$;$s!#(B
1024bit$BDxEY$N6=L#$N$"$k$+$?$O!"$<$R2CF~$r!#(B

$B:#0fM4Fs(B

# 1024bit$B$N2r<a$O3'MM$K$*G$$;$7$^$9!D!#(B

Makoto Adachi | 26 Feb 16:48 2015
Picon

[debian-users:57494] Re: PICTURESフォルダがないときに、gnome-screenshotの保存先を指定するには

足立です。
こちらでも調査してみたので、報告します。

gnome-screenshot がスクリーンショットをファイルに保存する際、
以下の3つを上から順に試しているようです。

auto_save_directory
  ・「file://」で始まるパスで指定する
  ・「~」で始めると内部で展開されて、先頭に「file://」がつかない(バグ?)

default_screenshot_dir
 ・XDG_PICTURES_DIR の値「"$HOME/画像"」が使われる
  ・「file:///home/username/画像」

fallback_screenshot_dir
 ・$HOME が使われる
 ・「file:///home/username」

今はユーザの「画像」フォルダに保存されているとのことなので、
default_screenshot_dir が使われていると思います。
auto-save-directory の設定を使うのを諦めて、
代わりに fallback_screenshot_dir を使う条件を整えれば、
期待している動作になると思います。

こちらで試したところ、以下のようになりました。
ご参考になれば幸いです。
* XDG_PICTURES_DIR を空文字にする => ファイルは保存されない
* XDG_PICTURES_DIR を"$HOME"にする => $HOME に保存される
* XDG_PICTURES_DIR を存在しないディレクトリ "$HOME/xxx" にする => $HOME に保存される

--
足立 誠 <m.asesino <at> gmail.com>


2015年2月26日 21:56 adachi <adachi <at> seiai.ed.jp>:
> 安達です。追加報告です。
>
>>
>> <default>'~/'</default>
>> にしておくと、dconf-editorでは~/と表示されます。
>> 相変わらず画像フォルダに保存されます。
>
> 再び/etc/xdg/user-dirs.defaultsを画像フォルダを作らないように
> 設定して、xdg-user-dirs-update で有効にしても
> 画像フォルダに保存されます。
> '~/'が有効ではないような気がします。
> こで画像フォルダを削除すると
> なんとユーザーホームに保存されるようになりました。
>
> そこで、考えなおして、
> /usr/share/glib-2.0/schemas/org.gnome.gnome-screenshot.gschema.xml
> のauto-save-directoryを
> ''に戻しました。
> 今までとは異なるユーザーでログインします。
> 当然スクリーンショットは保存されません。
> /etc/xdg/user-dirs.defaultsを画像フォルダを作るように
> 設定して、xdg-user-dirs-update で有効にし、
> スクリーンショットが画像フォルダに保存されることを確認。
> 再び/etc/xdg/user-dirs.defaultsを画像フォルダを作らないように
> 設定して、xdg-user-dirs-update で有効にし、
> 画像フォルダを削除すると
> スクリーンショットがユーザーホームに保存される様になります。
> 一度これをするとログインしなおしてもユーザーホームに保存されます。
> dconf-editorではデフォルトは''で、ユーザー設定は空白のままです。
>
> 新しいユーサーではGNOME3が起動せず
> フォールバックモードになりますと表示されます
> これが原因かもしれません。
>
> とりあえず'~/'としようが、''のままであろうが
> 一度xdg-user-dirsの画像フォルダを有効にすると
> (ディレクトリを作るだけではだめ)
> その後無効にしても、
> スクリーンショットを保存するようになります。
> auto-save-directoryの現在の値が(デフォルトでなく)
> 現状と合わない時にうまく調整されないということと、
> ''の時にどこになっているかをdconf-editorで
> 表示されていないということが問題のように思います。
>
> --
> 安達 順一
>   adachi <at> seiai.ed.jp
>
adachi | 26 Feb 06:31 2015
Picon

[debian-users:57490] PICTURESフォルダがないときに、gnome-screenshotの保存先を指定するには

安達と申します。
debian7.8を新たにインストールしました。
gnome-screenshotの保存先が画像フォルダになったのは知っていました
私は、/etc/xdg/user-dirs.defaultsを変更して、デスクトップと
ダウンロード以外のフォルダを作らせないようにしています。
期待されるgnome-screenshotの保存先はユーザーホームですが
どこにも保存されていないようです。
/etc/xdg/user-dirs.defaultsを戻して画像フォルダを作ると保存されています。
保存先を設定変更してなくなるかもしれないフォルダにしておきながら
それがなくなった時の次の一手に手落ちがあるように思います。

画像フォルダをつくりたくないので、
dconf-editorを使って指定してみました。
org.gnome.gnome-screenshot に
auto-save-directory というkeyがあって値は 空('') になっています
これを
file:///home/username/
とすると(usernameはログイン名)
ユーザーホームに保存されるようになりました。
ただし、これはユーザーごとの設定です。
/etc/xdg/user-dirs.defaultsは、このPCを使用する全員に有効ですから
auto-save-directory も全員に有効にする必要があります。
調べてみると
/usr/share/glib-2.0/schemas/org.gnome.gnome-screenshot.gschema.xml
に
     <key type="s" name="auto-save-directory">
       <default>''</default>
という部分があったので、
'$HOME'とか'file://$HOME'とかにしてみましたが、
相変わらず画像フォルダに保存されます。
管理者としてユーザーにデフォルトを指定してあげる
方法はないものでしょうか。

--

-- 
安達 順一
   adachi <at> seiai.ed.jp

Jun Itou | 11 Feb 07:56 2015
Picon

[debian-users:57488] preseed.cfgの呼び出し方

お世話になります。

 debian7.8でpreseed.cfgを使ったインストールを試みています。
 環境はVMware上のamd64(debian 7 64ビット)です。

 1)インストール・メニュー画面で”Advanced options”経由で実施
  ・入力欄に”floppy:///preseed.cfg”と入力する
  ・ローカライズを設定しインストールが進行して成功で終了する

 2)同画面でTABを押下しパラメータを追加して実施
  ・パラメータに”preseed/file=/floppy/preseed.cfg”と入力する
  ・ローカライズを設定しインストールが進行して事前ファイルの処理に失敗し中断する。
   ”インストーラはfloppy:////prescript.shからの…”と出ていた

 1も2も同じ環境で経由画面が異なるだけです。

 a)そもそも同じファイルで実施することができない仕様なのでしょうか?

 b)また1の場合、画面の例のとおりに入力するとファルが認識されないのは何が理由でしょうか?
  (画面では”floppy://preseed.cfg”と/が2つで記述されている)

以上、よろしくお願いします。

以下、1で成功したファイルです。

// prescript.sh ///////////////////////////////////////////////////////////////
#!/bin/sh
killall.sh; netcfg

// preseed.cfg ////////////////////////////////////////////////////////////////
# *****************************************************************************
# Contents of the preconfiguration file (for wheezy)
# *****************************************************************************
# == Localization =============================================================
  d-i debian-installer/locale string ja_JP
  d-i debian-installer/language string ja
  d-i debian-installer/country string JP
  d-i debian-installer/locale string ja_JP.UTF-8
# d-i localechooser/supported-locales multiselect ja_JP.UTF-8, en_US.UTF-8
# -- Keyboard selection. ------------------------------------------------------
  d-i keymap select jp
# d-i keyboard-configuration/toggle select No toggling
# == Network configuration ====================================================
# d-i netcfg/enable boolean false
  d-i netcfg/choose_interface select auto
# d-i netcfg/choose_interface select eth1
# d-i netcfg/link_detection_timeout string 10
# d-i netcfg/dhcp_timeout string 60
# d-i netcfg/dhcpv6_timeout string 60
  d-i netcfg/use_autoconfig boolean false
  d-i netcfg/disable_autoconfig boolean true
  d-i netcfg/disable_dhcp boolean true
# d-i netcfg/dhcp_failed note
# d-i netcfg/dhcp_options select Configure network manually
# -- IPv4 ---------------------------------------------------------------------
  d-i netcfg/get_ipaddress string 192.168.1.1
  d-i netcfg/get_netmask string 255.255.255.0
  d-i netcfg/get_gateway string 192.168.1.254
  d-i netcfg/get_nameservers string 192.168.1.1 192.168.1.254 8.8.8.8 8.8.4.4
  d-i netcfg/confirm_static boolean true
# -- IPv6 ---------------------------------------------------------------------
# d-i netcfg/get_ipaddress string fc00::2
# d-i netcfg/get_netmask string ffff:ffff:ffff:ffff::
# d-i netcfg/get_gateway string fc00::1
# d-i netcfg/get_nameservers string fc00::1
# d-i netcfg/confirm_static boolean true
# -- Host name and Domain name ------------------------------------------------
  d-i netcfg/get_hostname string sv-server
  d-i netcfg/get_domain string workgroup
# d-i netcfg/hostname string somehost
# -- Disable that annoying WEP key dialog. ------------------------------------
  d-i netcfg/wireless_wep string
# -----------------------------------------------------------------------------
# d-i netcfg/dhcp_hostname string radish
# d-i hw-detect/load_firmware boolean true
# -----------------------------------------------------------------------------
  d-i preseed/run string /prescript.sh
# == Network console ==========================================================
# d-i anna/choose_modules string network-console
# d-i network-console/authorized_keys_url string http://10.0.0.1/openssh-key
# d-i network-console/password password install
# d-i network-console/password-again password install
# == Mirror settings ==========================================================
  d-i mirror/protocol string http
  d-i mirror/country string JP
  d-i mirror/http/hostname string ftp.jp.debian.org
  d-i mirror/http/directory string /debian/
  d-i mirror/http/proxy string
  d-i mirror/suite string stable
  d-i mirror/udeb/suite string stable
# -- Suite to install. --------------------------------------------------------
# d-i mirror/suite string testing
# d-i mirror/udeb/suite string testing
# == Account setup ============================================================
  d-i passwd/root-login boolean true
  d-i passwd/make-user boolean true
# -- Root password, either in clear text --------------------------------------
  d-i passwd/root-password password root
  d-i passwd/root-password-again password root
# d-i passwd/root-password-crypted password [MD5 hash]
# -- To create a normal user account. -----------------------------------------
  d-i passwd/user-fullname string Master
  d-i passwd/username string master
# -- Normal user's password, either in clear text -----------------------------
  d-i passwd/user-password password master
  d-i passwd/user-password-again password master
# d-i passwd/user-password-crypted password [MD5 hash]
# -- Create the first user with the specified UID instead of the default. -----
# d-i passwd/user-uid string 1010
# d-i passwd/user-default-groups string audio cdrom video
# == Clock and time zone setup ================================================
# Controls whether or not the hardware clock is set to UTC.
  d-i clock-setup/utc boolean true
  d-i time/zone string Asia/Tokyo
# -- Controls whether to use NTP to set the clock during the install ----------
  d-i clock-setup/ntp boolean true
# -- NTP server to use. The default is almost always fine here. ---------------
  d-i clock-setup/ntp-server string ntp.nict.jp
# == Partitioning =============================================================
# d-i partman-auto/init_automatically_partition select biggest_free
  d-i partman-auto/disk string /dev/sda
# d-i partman-auto/disk string /dev/sda /dev/sdb
# d-i partman-auto/disk string /dev/sda /dev/sdb /dev/sdc /dev/sdd
# -----------------------------------------------------------------------------
  d-i partman-auto/method string regular
# d-i partman-auto/method string lvm
# d-i partman-auto/method string crypto
# d-i partman-auto/method string raid
# -----------------------------------------------------------------------------
  d-i partman-lvm/device_remove_lvm boolean true
  d-i partman-md/device_remove_md boolean true
  d-i partman-lvm/confirm boolean true
  d-i partman-lvm/confirm_nooverwrite boolean true
# -----------------------------------------------------------------------------
  d-i partman-auto/choose_recipe select atomic
# d-i partman-auto/choose_recipe select home
# d-i partman-auto/choose_recipe select multi
# -----------------------------------------------------------------------------
# d-i partman-auto/expert_recipe_file string /hd-media/recipe
# -- Partitioning using RAID --------------------------------------------------
#   /boot  :  250MB : ext2 : /dev/md0 : raid1 : /dev/sd[a-b]1
#   /      : 5120MB : ext4 : /dev/md1 : raid1 : /dev/sd[a-b]2
#   swap   : 1024MB : swap : /dev/md2 : raid1 : /dev/sd[a-b]5
#   /share :  ~ end : ext4 : /dev/md3 : raid1 : /dev/sd[a-b]6
# d-i partman-auto/expert_recipe string multiraid :: \
#     256 1  256 raid $primary{ } method{ raid } format{ } . \
#    5120 2 5120 raid $primary{ } method{ raid } format{ } . \
#    1024 3 300% raid $logical{ } method{ raid } format{ } . \
#   10240 4   -1 raid $logical{ } method{ raid } format{ } . 
# d-i partman-auto-raid/recipe string \
#   1 2 0 ext2 /boot  /dev/sda1#/dev/sdb1 . \
#   1 2 0 ext4 /      /dev/sda2#/dev/sdb2 . \
#   1 2 0 swap -      /dev/sda5#/dev/sdb5 . \
#   1 2 0 ext4 /share /dev/sda6#/dev/sdb6 . 
# d-i partman-md/confirm boolean true
# -- This makes partman automatically partition without confirmation. ---------
  d-i partman-partitioning/confirm_write_new_label boolean true
  d-i partman/choose_partition select finish
  d-i partman/confirm boolean true
  d-i partman/confirm_nooverwrite boolean true
# -- Controlling how partitions are mounted -----------------------------------
# d-i partman/mount_style select uuid
# == Base system installation =================================================
# d-i base-installer/install-recommends boolean false
# d-i base-installer/kernel/image string linux-image-3.2.0-4-amd64
# == Apt setup ================================================================
# d-i apt-setup/non-free boolean true
# d-i apt-setup/contrib boolean true
  d-i apt-setup/use_mirror boolean true
  d-i apt-setup/services-select multiselect security, updates
  d-i apt-setup/security_host string security.debian.org
# -- Additional repositories, local[0-9] available ----------------------------
# d-i apt-setup/local0/repository string http://local.server/debian stable main
# d-i apt-setup/local0/comment string local server
# d-i apt-setup/local0/source boolean true
# d-i apt-setup/local0/key string http://local.server/key
# -----------------------------------------------------------------------------
# d-i debian-installer/allow_unauthenticated boolean true
# == Package selection ========================================================
# tasksel tasksel/first multiselect standard, web-server
# tasksel tasksel/desktop multiselect kde, xfce
  tasksel tasksel/first multiselect standard
  d-i pkgsel/include string openssh-server
# -- Individual additional packages to install --------------------------------
  d-i pkgsel/upgrade select none
# -----------------------------------------------------------------------------
  popularity-contest popularity-contest/participate boolean false
# =============================================================================
# d-i grub-installer/skip boolean true
# d-i lilo-installer/skip boolean true
  d-i grub-installer/only_debian boolean true
# d-i grub-installer/with_other_os boolean true
# d-i grub-installer/only_debian boolean false
# d-i grub-installer/with_other_os boolean false
# d-i grub-installer/bootdev  string (hd0,0)
# d-i grub-installer/bootdev  string (hd0,0) (hd1,0) (hd2,0)
  d-i grub-installer/bootdev  string /dev/sda
# d-i grub-installer/bootdev  string /dev/md0
# d-i grub-installer/password password r00tme
# d-i grub-installer/password-again password r00tme
# d-i grub-installer/password-crypted password [MD5 hash]
# d-i debian-installer/add-kernel-opts string nousb
# == Finishing up the installation ============================================
# d-i finish-install/keep-consoles boolean true
  d-i finish-install/reboot_in_progress note
  d-i cdrom-detect/eject boolean true
  d-i debian-installer/exit/halt boolean false
  d-i debian-installer/exit/poweroff boolean false
# == Preseeding other packages ================================================
#   debconf-get-selections --installer > file
#   debconf-get-selections >> file
# == Advanced options =========================================================
# d-i preseed/early_command string anna-install some-udeb
# d-i partman/early_command string debconf-set partman-auto/disk "$(list-devices disk | head -n1)"
# d-i preseed/late_command string apt-install zsh; in-target chsh -s /bin/zsh
# == End Of File ==============================================================

Hideki Yamane | 7 Feb 16:02 2015
Picon

[debian-users:57486] Re: プリンタの追加がエラーになる→gnome-control-center (1:3.14.2-3)で修正

On Sun, 1 Feb 2015 14:31:33 +0900
Hideki Yamane <henrich <at> debian.or.jp> wrote:
>  - プリンタの追加を行おうとすると、最後エラーで追加ができません
>  - ログから推測して system-config-printer パッケージをインストール
>   したら問題なくプリンタが追加されました

 以下の修正でなおっているようです。

gnome-control-center (1:3.14.2-3) unstable; urgency=medium

  * Re-add system-config-printer recommendation. (Closes: #774257)
    - it's still needed to be able to add new printers.

 -- Andreas Henriksson <andreas <at> fatal.se>  Thu, 05 Feb 2015 19:44:41 +0100

--

-- 
Regards,

 Hideki Yamane     henrich  <at>  debian.or.jp/org
 http://wiki.debian.org/HidekiYamane


Gmane